日焼け止め

5月も終わりJUNEである。
五月晴れの中を走るのは気持ちがよい。日差しは厳しいが風が冷たくてあまり汗をかかない。
しかしマラソンランナーはいつも肌が紫外線にさらされており、夏場はとくに対策が必要である。
マラソンは屋外のスポーツです。屋外のスポーツにはつきものの日差し。
日差しは厳しく肌に刺すような日差しである。
今はいろんな紫外線対策グッズが販売されている。
日焼け止めは安いものから高いものまで千差万別迷うところであるが、所詮オジサンなのでお肌が美白(美肌)になる必要もなく、肌が突っ張ろうがべたつこうがあまり関係もなく、潤いのある肌でもなく、そんなに気を使う肌でもなく、紫外線から肌を守ればよいと考えている。
ところで日焼け止めに書いてある、「SPF」とは紫外線のUV-B波を防止するそうで数値が高いほど紫外線から守る効果があるが肌への負担が大きいようである。「PA+++」とは紫外線のUV-A波を防止する効果があるそうで防止する効果が高いと肌への負担も大きいそうだ。
小生は数値が大きければそれでよいと思っていたがそうでもないらしい。
子供などは数値が低いほうがいいらしい。
それで選んだのがこれ
画像

左側は以前使っていたもの、今回は右側。左はSPF50、右側はSPF32チョットお肌に気を使ってみた。
日焼け止めの中では安いほう。(300円くらい。)

コパトーンで「ガングロ」「小麦色の肌」をめざして男っぷりをあげるてもあるが・・・



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック